XBOXOneの性能と可能性について

マイクロソフトから発売されているXBOXシリーズは家庭用ゲーム機としてコアなファンが多く、またソフトのラインナップも海外からのシューティングやレースゲームなどが数多く発売されているのが特長です。
同じくソニーから発売されているプレイステーション4と比較すると、性能的にはやや劣りますが、それでも以前のゲーム機と比べると高画質なグラフィックやより滑らかに動くようになったキャラクター、ネットを使った通信対戦など、ゲーム機としての可能せはまだまだあります。
XBOXOneがこの先、さらに販売台数を伸ばすためには、やはりソフトを充実させるかが鍵となるとでしょう。
特に日本人はRPGやアクションゲームを好むので、このジャンルのソフトを増やし、さらにキラータイトルと呼ばれるような独自のオリジナルソフトも必要となってきます。
いくらハードの性能が良くても肝心のソフトがつまらなければ意味がないので、多くの人が夢中になれるようなソフトが発売されれば、XBOXにもより注目が集まることでしょう。