XBOXという進化していくハード

XBOXはマイクロソフト社が開発した家庭用据え置きゲームです。
日本でメジャーになったのは2006年頃のことです。
起点となったのはプレイスティーションや任天堂といった家庭用ゲーム機の普及で、日本での発売当初の定価は3万9千円でした。
ソフトの種類はアクションやホラー、スポーツなど多岐にわたり、内容の濃いゲームが発表されるようになり、いくつかは爆発的なヒットになり続編が受け継がれています。
XBOXは日本だけでなく世界的にも巨大な市場となりました。
XBOXはネット社会の進化において、世界中の人とつながる事が出来、色んな国の人とプレイできるのも魅力になっています。
通信も安定して複数でプレイするMMOやレースゲームも楽しめます。
情報をユーザーで共有できるシステムでゲーム内だけでなく、SNSでアップロードしたりコミュニケーション範囲は急速に拡大して、もはやゲームだけの世界ではありません。
最高のライバルと出会えるのも魅力です。
対戦ゲームだけにとどまらず映画や人気アニメ、アプリも配信サービスで観られます。
新世代の人工知能開発システムを導入しており、一人でもリアルなゲーム体験を味わえます。